土地・建物の相続登記

相続登記、トラブルになる前に名義変更をしましょう。

土地や建物を相続した場合は相続不動産の「名義変更」が必要になります。
相続不動産の名義変更の期限はありませんが、もし名義変更しないうちにまた次の相続が起きてしまった場合は手続きが複雑になったり、新たな相続人が登場して揉めたり・・・などというトラブルの原因にもなります。
また相続した不動産の売買や担保に入れたりすることが名義変更しなければ不可能です。そのようなトラブルを避けるためにも、早急に相続不動産の名義変更を行う事をお勧めします。

↑ページの先頭へ戻る

相続登記

相続登記とは、被相続人(例 父親など)が亡くなり、相続が発生した場合に被相続人が所有していた建物・土地を相続人(子供など)が相続した場合、不動産の名義変更手続きの事を指します。

被相続人の残した不動産を相続人名義にするには、移転登記が必要となりますが、相続登記の期間は決まっていません。

しかし、不動産の名義変更をせず放置しておくと、その後、色々な問題が発生し、手続きが複雑・困難になるおそれがあります。

最悪の場合は正当な所有者が所有権を主張できなくなる可能性も考えられます。

相続登記は専門的な知識が必要としますので、まずはお気軽にご相談ください。

↑ページの先頭へ戻る